■スレッドリストへ戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901- 1001- 最新50

★ひたすら虐殺・虐待

501 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:19
 今日は、最後の日だから、と自分に理由をつけてます。バイトがいっぱいある
というのは、医者という免許商売(もちろん実力もだが。)の、せいではあるが、
考えてみれば、パート業務というのは、人員が余っているから成立する業務形態
ではないかな。ぬるま湯蛙の話は知っているよね。
金作さん、グッドラック読ませてもらいました。がんばるよ。じじいさんも有難う。




502 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:19
もっと具体的に書いてくれ。
言いたいことが良く分からん。

特にこのへん
>救急救命、果たして、絶対的必要性のある患者さんが、
>全てなのか?とか考えてことがあるか?

考えてどうすんだ? こちらとしては来る必要が無いと思っても、
来てしまったものは王将義務があるから診るしかない。
何を言いたい? 


503 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:20
何じゃそれは?




504 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:20
 言いたいのは、必要性のない患者さんは来なくなるだろうと
 いうことだ。夜間診療所のノリで来られたら、本当の救急患者さん
 も迷惑だろ?具体的には、必要性もねえのに来た患者さんからは
 法外な時間外を取るとかするしかないだろう。救急があるクラスの
 病院では、こうして特に負担増という形で、患者数を減らす方向
 へ向かうと思う。
 民間参入の病院では、医者に徹底したコスト意識を持たせる。
 これが純粋に医療として正しいとは言わないが、病院経営をして
 行く上では仕方ないことだ。
 結果的には、今の感覚で仕事をしていると、多くの勤務医は
 サラリーマンでいえば、「会社にマイナスを与える」として
 リストラされるってことだ。
 医療が聖域とは、もはや言えない。




505 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:20

徳洲会病院にすべておまかせください。




506 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:20
 勤務医って、現場の医者の論理でしか考えないのが多い。
 決して、勤務医が怠けているとか言っているのではない。
 患者さんの事を考えるのも重要だろうが、病院経営にも
 雇用されている者として、もっと関心を持つべきだし
 開業医も保証はないが、ぶっつぶれる時は、わかる。
 しかし、勤務医は、何の根拠もなく、自分の仕事は永遠に
 存続すると考える傾向が強い。
 実際、まだ失業保険貰っている医者など見たことがないが
 市場原理が入れば、失業者が出るのも当然だろう?




507 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:21
 徳州会を悪く言う医者が多いが、ある意味では先進していた面
 もあったんだろう。
 国立病院が独立行政法人化され、今後は、赤字を出した場合、
 つぶしはしないだろうが、はあそうですかと簡単に助成金など
 出ない。まずは、経営努力をと強く要求されるだろう。
 コスト意識が希薄な勤務医は、今後は非常に厳しいと思う。




508 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:21
経営感覚が欠如したアホ勤務医はここ10年以内に必ずリストラされますって。
自分だけは大丈夫って考えてる痛い奴らのことは放っておきましょう。
その方が我々の為でもあります。




509 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:21
以前に、全国でも有数の経営状況が良い私立病院のある1都市の公立病院
で働いていたが、そこは確かに数字上は経営状況が良かったんだろうが
「さもありなん」という感じだったよ。
まず、軽症は診ない(つまり、こちらの救急外来に来る)、重症過ぎるのも診ない
当直医の専門外も診ない。支払能力の無さそうな行き倒れの人とかも「公的な病院
だから」とこちらに来る。
結局は美味しいところを持っていってるとしか思えない。
公立病院があるから救急体制がもっているようなものの、全ての医療機関が
経営第一に考えて行動したらどうなるか、容易に想像がつくね。

要するに、開業医や私立病院が「コスト意識がどうの」と言ってられるのは
公立病院があってこそだろ。地域に、私立病院一つしかなかったら患者を
選り好みできないもんな。




510 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:22
 なんだか医者に厳しい時代が訪れることを切望している人が多いみたいだね。
世知辛い時代の到来はこのごんぞうの気合で防いで見せるよ。
特別の恵まれた立場にいるそんな階層が存在することは本当に大事なこと
なんだよ!それは理屈じゃないんだ!わかってくれよ!




511 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:22
ど田舎でも無い限り、私立病院が一つだけの地域なんて
今時無いだろ? 




512 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:22
そういう正論って語るのは簡単じゃねえか?
 経営上、美味しい患者さんだけを選択するような指示が出てる
 病院が素晴らしいと言っているのではない。
 しかし、現状からすれば「弱者切り捨て的医療」もある程度は
 やむを得ないということだ。
 公的病院が弱者を引き受けるのは良いだろうが、そのかわり
 高額医療機器などは使うべきではない。医者の給与も、赤字なら
 ゼロにすべきだろう。
 奇麗事を言う前に、一体、その金がどこから出るのかを考えるべきだ。
 恐らく、開業医や市中病院などが悪どく稼ぐから医療費が膨張するんだ
 という反論が出そうだがな。
 確かに、コストパフォーマンスは重要視しているから、今後は、
 健保制度下では、こうした姿勢にもメスが入るだろう。
 だが、圧倒的に医療費を食ってるのが公的病院であるという事実
 を考えれば、これまでのようなスタンスで医療行為をすることは
 今後は無理だと思うべきだろう。




513 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:23
弱者切り捨て賛成!
唱えてくれる政治家きぼんぬ。




514 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:23
ダイタイ、国公立なんて、茄子も、砲斜栓義肢も、淋称研沙魏視も、全然働かない。
5時に帰ることだけ考えて、
何か頼めば、全部、ソレ先生の仕事! だもんな。
血圧と体温測るだけで、採血も静注もしなけりゃ、そりゃ赤字だよ。
勤務医の意識改革も大事だけど、
まずコメディカルの総入れ替えが必要だ。




515 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:23
 我々はユートピアに住んでいるのではない。
 ここは現実社会だ。
 徒に、米国化するのは考えものだが、
 生保の人も最先端の医療が受けられるのは
 やはりおかしいだろう。
 こんなこと言って当選したら大変だがな。
 ドイツでも、こういう問題があったみたいだな。
 ある高名な政治学者が「年金受給者などからは選挙権を取り
 上げるべきだ」と言って、大ヒンシュクかったそうだ。
 でもな、参政権は、社会参加を前提に与えられると考えると
 現役世代だけに与えるというこの説も暴論とは言えないな。
 今、50歳の社会人は、自分の将来も考えて、投票するだろう。
 今、75歳の人は、自分の存命中だけ手厚い社会保障が残れば
 あとはどうでもいいやと、福祉を訴える候補者にしか入れないもんな。




516 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:23
 やはりおかしいだろう

じゃ、労災、損保の患者は手厚い医療が受けられているかといえば、そうでもないね。




517 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:24
 どんな世界にも矛盾はあるものだが
 医療業界の矛盾が最もひどいかもな。




518 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:24
ここの常連の厳しい指摘と、勤務医らしきおめでたい発言を比較すると
ホントに勤務医ってのは世の中わかってないってことを痛感させられるね。
市民病院あたりは、もちろん採算に合わない患者も受け入れてたり、救急もそれなりに対応したりしてるが
職員の楽さ加減は民間の比ではないよ。それを忙しいと思いこんでしまうあたりがイタイ。
こういうやからは楽なとこばかり回ってるに違いない。
実際赤字当たり前、差額は税金投入して埋め合わせってところが多いでしょ。
地方交付税が削減され、市民病院も採算性を問われるようになったら
まずは人件費に矛先が向くからホントに忙しいっていうことがどういうことかわかると思うよ。




519 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:24
「公立病院があるからだろう」と書いたが、これではこちらの言い分を
十分に表現してない。
つまりは「(必ずしも公立でなくてもいいのだが)“採算を度外視した病院”
があるからこそ、その近隣の開業医・私立病院が潤っている」という状況
を言いたかった訳だ。そういう立場の連中が何言おうが、こちらには
全然impactが無い。
「君たちが甘い汁吸ってるのは、一方で採算度外視して働いてる病院や医者が
いるからでしょ」と思わざるを得ない訳よ。




520 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:25
最近、新たな困猿が加わったのか・・・?




521 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:25
つまりは公共財が存在しない社会になるということですね。
究極の資本主義社会=弱肉強食ケダモノワールド




522 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:25
当然、政府も必要ない、と。




523 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:25
その割には、保険医総辞退のスレは盛り上がらんのう。
完全に下がってる。




524 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:26
 それはちょっと違うだろうな。アンタや、その病院に、そこまでの高尚なる
精神があるとは思えない。言わば成り行き上で、そういうことやってる訳だ。
 いや、自分の意思でやっているのでもいい、いずれにしても、アンタが言いたい
「美味しい所取り」の開業医や病院をとやかく言うべきではない。
 そういう聖職者気取りはもううんざりだ。もし、アンタが無給なのは当然にして
も、病院の赤字を私財で埋めていれば、立派なボランティア精神の持ち主だとは
思うが。
>>181
 日本は、結構、機会均等な社会だと思う。誰でも、それぞれの分野で頑張れば
少なくとも、そんなひどい経済状態にはならない。
 弱肉強食と言うと、激しい言葉だが、競争社会でなければ、社会からエネルギー
は生まれない。
 俺は、社会的弱者を公的制度で支えるにしても、それは本当に最低限で良いと
思う。後は、ボランティア的精神の持ち主が支える方が自然だろう。
 そうじゃないと、社会保障制度だけで、この国は駄目になる。




525 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:26
禿しく、同意。




526 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:26
言い方を変えれば,どんな金持ちでどんな立派な人生送っても,死ぬときは生保患者と同じ治療。
それが人権バカが作り出した社会主義医療だ。




527 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:27
すべての人間にボランティアを課す必要があるね。




528 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:27
日本の最低限の医療レベルは、世界的に見ればかなり高いよ。




529 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:27
禿同。
長がついてるコメディカルなんか医者と給料ほとんどかわらんぞ。
5時にきっちり帰るくせに、遅刻注意したら逆切れするような連中だぜ。
こっちはコスト意識あるんだが、高コスト低能力の人材をリストラする権限くれないと、
ある程度どうしようもない。
マジで市場原理導入して欲しい事ある。
最初にリストラすべきなのはとにかく一番生産性の低い所だよ。

まあ現実に効率を考えれば勤務医の所にリストラ来る頃には死々累々だろうね。




530 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:27
公立病院も最近はかなり世知辛いようですね。
近くの国立病院では薬の大半がゾロ、とにかく採算重視とハッパかけられてます。
まあ、使えない職員は真っ先にリストラの対象でしょうね。
いずれにせよ、このままでは医者にとっても患者にとってもいい将来は
絶対望めないということ。
甘っちょろいこと言っている人も、近々身につまされることになるでしょう。




531 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:28
骨接ぎが食っていけるんだから
全然大丈夫




532 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:28
平等な供給はかならずしも社会主義(需要超過や過剰生産)を
意味しない。タダだからといって大手術を好んで受ける人間はいない
のだから、大手術は無料にすればよい。逆に軽症治療や日常的
な検査・診察は医療施設の混雑解消に十分なだけ課金すればよい。

要するに医療費負担というのは混雑料金として使うべき政策変数であって、
行為の種類ごとに負担率を変えることでいくらでもうまく医療需要の
調節が可能なのだ。

何をやっても一律に3割負担では、有名教授に210円で診察を受けたがる人が
外来に長蛇の列を作るのは当然の結果だ。逆に生体肝移植を受ければ助かるのに
金がなくて断念するという人も出る。




533 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:28
でもなあ、一銭も保険料払ってない生○の連中に、
生体肝移植? バイパス手術?
どう考えたっておかしいぜ。
公費で面倒見るのは、今日美濃か煮吐絽のレベルまでだろう?




534 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:29
それを言うと、また人権屋が騒ぐが。




535 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:29
なんか、ジジイの言ってること169の話からずれてるぞ。
なんで、個々の医者のコスト意識の話が、何時の間にか「制度上の問題」
に置き換わってるんだ?




536 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:29
はあ、せっかくジジイを呼び出したけど、平行線だあ。
やっぱ、医者って、つくづくバカだなあ。




537 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:29
一つ確かなのは、200床以上の病院経営者と
その後継者の生活は今後も安泰という事だ




538 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:30
同様なバカがここにもいるな。




539 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:30
ここのクソバカ勤務医は、
「全部、俺が正しい。」
って言いたいわけだ。で、
「開業医、コ・メディカル、私立病院、制度」
等、
「自分以外のものは全て、間違ってる。」
とも言いたがっている。

はああ、何て、バカなヤツだ。
はやく、死んだ方が良いんじゃないのか?

あと、小規模の病院(100〜400床)の息子。
勤務医以上のバカだな。
こういう病院の採算を悪くする事によって、今後の医療費の削減が達成されるのは、間違いないだろう。
まあ、逃げ道は、今のうちに、売ることだ。まあ、買うバカがいればの話だが。




540 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:30
不思議なのはそういった"不効率"で"仕事がラク"な国公立病院が本気になった
時にどうなるのかについて全く議論がないところだ。

漏れの働く診療所は人口30万ほどの市にあって、市立病院が中核病院機能を
負っている。そこがある日、健診車を購入したと思ったら、翌年ごろから初診
が激減した!なんと健診でひっかかった患者をごっそり市立病院に持っていった
のだった。年寄りの先生など悲観して閉院するほどの大騒ぎとなったが、家庭医
の機能は開業医に、という医師会の主張も空しく市立病院は今年黒字を達成した。

おまけに最近の自己負担増額で、会社を休む位ならば良いところへ、というのか
市立病院の外来は大混雑しており一般開業医は今年は外来が平均二割〜三割減と
いう厳しい状況にある。MRIやCTなどを導入する診療所もあるがさすがに買うだけ
で済むような施設ではなく、ランニングコストの負担が大きいようだ。

大きな病院同士の競争はどうか知らんが全国の国公立病院が本気になれば木っ端
開業医などひとたまりもないだろう。




541 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:31
全く論点がズレているな




542 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:31
徳洲会病院にすべておまかせください。




543 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:31
中規模病院でしょ。




544 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:31
分類上は、そうだな。
「小規模」って書いた方が、ボンボン怒るだろ?頭、悪そうだから。




545 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:32
 医師受難の時代を繰ることを切望している人たちよ!
どうしてそんな世知辛い社会を切望するのか!
医者といっても大金持ちじゃないんだし、ただある一定のステイタスがあって
ある一定のレベルの小金持ちの階層だよね。
そういう麗しき階層がなくなったら本当に日本はすさんだ国になってしまうよ!
世の中がどんどん世知辛くなっていくことに歯止めをかけなきゃ。




546 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:32
別に、小金持ち層が医者である必要はないんじゃないか?
医者は産業として、何らかの価値を付加するという職業ではないだろう?
国の実力を高めるのに、そういう部分に人材が集中するというのは、考えものだろう。
共通一時以前の医者で国公立の医学部を出たものは、東大の医学部以外なら、行けるだけの能力はあったんだろう。
そういう人間が医者になって、はたして、国にとって、何のメリットがあるんだ?
小金持ち層を医者にすれば、これまで同様の人材の集中が起こる。
私立出のボンボンは医者以外、何も出来ないだろうから、彼らから、学費をふんだくり、卒業させた上で、生かさず殺さずで働かせるというのが、いい方法じゃないか?




547 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:33
 コストの問題を論じる時に、現行制度の持つ問題も論じない訳にはいかないだろう。
規模の大きな医療機関も「患者獲得」に積極的になることは悪いことでない。
 問題は、同じ医療行為を完結させるのに、どちらが、低コストでやれるかだろう。
このコストの合算が医療費に繋がる訳だ。
 一般的には、開業医レベルの方がロウコストだろう。
 俺に知る限り、公的病院の職員、医者は効率的に労働しているとは思えない。
 コスト競争になったら、勝ち目はない。
 大病院の事務が懸命に働いていると思ってる奴などおらんだろう。大学病院など
 ひどいもんだ。研修医という最も安価な労働力でカバーしている面が多々ある。
 こんな所で、働いていた、医療スタッフも医者も市場に放り出されたら、ほとんど
 通用せんだろう。
 一方、随分、前から当時の厚生省が推奨して来た「医療機関の機能分化」は、
規模や設備、専門医の数などに応じて、患者さんの受診する医療機関を振り分ける
ということだ。
 上気道炎で、大病院を受診するのは駄目。また、開業医がMRIなど高額医療機器
を使うのもいかんということだ。
 そうなれば、医療機関の色分けが進み、全体としての効率性は上がると思う。
 生保の人間に、高額医療を施すことは人道的であっても現実的ではない。
 同様に、年金生活だと言いきる老人層にも問題がある。リタイア時に、貯蓄も
なく、支給される年金だけで生活しようなんていうのは、俺に言わせれば甘い。
 年金で生活が出来、且つ、医療も受けられるという保証を国は1回もしていない。
 一方で、70歳以上でも勤労者として収入を得て、納税している人達もいる。
 この人達からは「余裕があるから」と多くの一部負担金を徴収するのは、大きな
誤りだ。況や、年金支給額を減額するなど論外だろう。
 そんなことしたら、ハッキリ言って、辞め得だ。ほとんど頑張って老いても働こう
とはしなくなる。そして、社会は活力を失う。
 頑張った人間に、応分のリターンがある社会を構築しないと駄目だ。
 生保や年金生活者を診る、受け皿的な医療機関も必要になるだろう。
 生体肝移植が金がないから受けられない。これは仕方のないことだ。




548 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:33
 前にも言ったけど、医者という階層はやっぱり麗しき階層だよ。
国公立医学部に入った連中は18才前後にかなり精力的に勉強に取り組むことが
できた人たちだし、私立の連中はもともと金持ちの家庭で小さい頃から過ごし
一定の風格を備えているわけで、両方ともある階層を構成する資格をもった
人たちだと思うよ。
 もちろん、他の産業界でチャレンジャー的に生きる優秀な人も大事だけれど、
時代のそして社会の風格を保つ為にも医者という階層は1980年代のステイタス
と収入レベルを保つべきだと思うよ。




549 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:33
ジジイも書いてるが、コスト競争になったら、大病院に勝ち目は無いだろう。
研修医やレジデントを安価で雇用したりしているが、これは、「研究日」と称するバイトがあるから、安価でも働けるわけだ。
そのバイト自体、近い将来、厳しいものになるだろう。開業医側がバイトを雇えなくなる日もそう遠くは無い。
ある意味、開業医側が公立病院の人的コストを受け持っていたとも言えるが、これも、それぞれの病院で負担しなければいけなくなる。
大学病院に至っては、研修医の方が看護婦よりも、はるかに、給与が安いために、採血まで医者にさせている所もある。
そういう部分は、全て、今後、自分でコストを負担することになる。経営的には苦しくだんるだろう。保険の点数や受診率が低くなる上に、コストが上がるわけだから。
そうなれば、医者の給与を減らすのが一番だ。その上で、一人当りで診察する人数を増やす。まあ、患者さんは増えないだろうから、人減らしするのが一番だよな。
開業医も、今後、苦しかろうが、勤務医は慶安のお触書状態に追い込まれるだろう。
まあ、それまでは、現実から、目を逸らして、オマエ達のように、脳天気に過ごしているのが、一番、オマエたちには合ってるかもしれない。
しかし、ホント、バカだなあ。


550 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:34
原則論でいえば、皆保険制度下で、保険医が小金持ちというのは
おかしいんだけどね。準公務員的な生活保障程度で十分だと思うべき
だろう。
 自由診療で、市場から吸い上げて、金持ちになることには自然な
話だけどな。
 201は悲観的過ぎるな。お上は、決して開業医をつぶそうとは
していない。金食い虫の大病院の大きな負荷をかけて、どんどんと贅肉
を削ぎ落とす積もりだろ?
 まずは、負担金に大きな差を作り、敷居を高くして、強く受診抑制
をかけるだろう。
 簡単な話だ。大病院の患者を半減以下にしないことには、医療費の
問題など解決はしない。病床だって激減するだろうしな。
 スレ立ち上げの「勤務医にとって冬の時代」は、どう考えても正しい。
何故なら、勤務医氷河期にしない限り、問題解決はないからだ。
 開業医も淘汰されるのだろうが、国策としては好ましくはないだろう。
 ロウコストで医療を提供する所位は残しておかないと、さすがに
 国民の皆様方は怒るだろうから。




551 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:34
オマエ、さっきの俺の文章を読んでくれなかったかな?
オマエみたいなのが、高校時代、努力したことは認める。
オマエが40以上だと、東大に入るくらいの力もあったんだろう。
しかし、医者は経済に対して、何の付加価値も生み出さないんだ。
そういう層に富を集めるというのは、社会的に言って、何の意味も無い。
80年代までは、相対的に医者不足であったから、富を集めて、急速に医療を充実させる必要があったろう。
しかし、もう、十分なくらいまで来てるんだ。
もう、オマエ等の使命は終わったんだよ

552 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:35
 それにしても、209はメデタイ人間だ。
 「保つべきだと思うよ」って言っても、
 何の根拠もない。




553 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:35
言っていることは、そうだね正論を言っているつもりだろうけど。
正しい事だけが大切じゃないんだよ人の世では・・・。
社会の落ち着き感やそうだね、麗しさって言うか・・・。
3代続いて医者をやっている家庭の素晴らしき風格をあなたは知らないだろう。
そういうのを守らないといけない。どんなに社会的経済的コストの観点から見て
不効率であろうとも守る価値はあるね。




554 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:35
確かに開業医の方がローコストだが、ローレベルな医者も少なくない。
よく勉強している先生がいるのは知っているが、
講習、学会全くでずに、10年1日の知識のまま、
ちょっと面倒な患者、重症がでれば、すぐ大病院に送ってくる。
それも、送ってやるんだからありがたいと思え、と横柄にね。
この前も、心電図とったのはいいんだが、
自動診断で、急性心筋梗塞と印刷されているのに、ボルタ廉出して
そのままに家に帰して、翌日、紹介受診を勧めた奴もいた。
びっくりしたよ。
勤務医氷河期にも一理あるが、同時に
勉強しない開業医に超氷河期、
大学茄子などの働かないコメディカルも超氷河期に
突き落としてほしいもんだ。


555 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:36
アンタとは、かなり、見解を異にしているな。
江戸時代、大阪は商都だった。支配階級の武士は与力を含めても50人くらいしかいない所に、50万人以上の人口があったらしい。
なので、武士は軽んじられた存在で、その点、江戸とは大きな違いがあった。
大阪の大店の息子で、出来の悪いのがいると、与力の株を買い、武士にしたらしい。一生、食いっぱぐれが無いからだ。
今でも、医者に関しては、似たような現象がある。金持ちの商売人の息子で、ちょっと、やる気が無さそうだと、「医者にでもするか」というパターンは多い。
三代続いた医者というのも、武士と一緒で様式美があるのかもしれないが、時代の流れからすると、ほとんど、犯罪行為なんだ。
そういう馬鹿げた物にコストをかけられるほど、今の日本は、裕福ではない。赤字まみれなんだよ。




556 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:36
 オマエさ、3代続いた医者家系って、実は恥ずかしいって知ってたか?
昭和30年代まで、医学部は理科系では最も易しかったんだぞ。
 何故なら、医者は、ろくでもねえ仕事だと言われていたからだ。
 ある優秀な学生が医学部など志望したら
 「やめなさい!人の弱みに付け込む仕事など、良い死に方しませんよ」
と諭されたもんだ。
 


557 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:36
希望で物事を語っても、何の発展も無い。
病院から、開業医に患者を移してく最中にそういう悲劇も起こり得るだろう。
しかし、そんなもの、役人の知ったこっちゃない。
国民も、そういう現実を知らない。
なぜ、国民が知らないか?
教えられないからだよ。
オマエ、それで、その患者さんに「訴えた方がいい。自分が証言台に立てば、必ず勝てる。」って言ったのか?
自分がしっかり正義を行えてから、人を非難しろよ。
御都合主義の『正義』は、その開業医以上に吐き気がする。




558 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:36
 開業医の診療レベルが低いと仮定して、1人当たり応分の診療報酬
しか請求しなければ、それで良いということだ。
 仮にアンタの言う通りだとしよう。食い物でいえば、開業医は不味く
大病院は美味いって訳だ。いいんじゃねえか?
 国策では、「不味くても良い、安ければ」なんだからな。
 誰も、不味くて高いもんは買わないよ。




559 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:37
 守るべきものはどんなコストをかけてでも守る。
これが本当の保守主義・伝統主義だ。理屈じゃないんだ。
結局与党の実力者も結局はこういう考えかただし、世の中はそういう風に
流れていくだろう。大局的にはね。




560 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:37
もしかしたら、あなたここ1年くらい新聞読んでいませんね!?今、財務省と厚労省がバトル繰り広げているんだよ。でもどちらも少なくとも競争原理は導入しようとしているんだよ。




561 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:37
しかし、気持ちも分からないではない。
勉強して、やっと、手に入れた地位を手放さなくてはならないという現実は直視するには、耐え難いものがある。
人並み以上の努力だったろうからな。
まあ、中学からグレて、高校すら行かなかった俺に、その気持ちを完全に理解することは不可能だろうけどな。
しかし、客観的にみると、現実を直視した方が次の時代に生き残れる可能性は高い。
何も、医療がなくなるというわけではないんだ。今後も、医療費は増え続けるだろう。
その中で、自分のポジショニングをどう定めるかをしっかり見るには、もっと、ニュートラルな立場で見た方が良いと言いたいんだがな。
まあ、何を言っても無駄かな。




562 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:38
心配しなくても、淘汰の時代だから、朽ちるもんは朽ちる。
 アンタは自分の心配でもしているべきだ。
 最近、開業が多いのは、開業医が良い商売だと思っているからでは
 ない。勤務医など続けていると、何されるかわからんという不安が
 強いからだ。消去法で開業医に生き残りの道を探しているだけだ。
 大病院の勤務医などをやっていると、どんなに負担増にしても、
 患者さんは来るもんだという錯覚に陥る傾向が強い。
 そんな甘いもんではない。




563 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:38
ここまで、頭が固いと、立派だな。
ごんぞう、これからの死に絶え行く勤務医の人柱になれ。




564 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:39
>>開業医レベルの方がロウコスト
そりゃそうです。
開業医は、豊富な臨床経験から、
大丈夫な病気と大丈夫でない病気を判断できます。
頻度が低い病気や、保険診療上利益が上がりにくい病気や、
患者側の要因(性格・DQN度etc)を考え、
コスト(費用)がかかりそうなときは、診療連携します。

1次・2次・3次で病院機能を分担すると、
どうしても3次病院は、高コスト低利益体質になります。

常識的に考えても、最初のひとがおいしいところを持っていくでしょ...



565 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:39
病院としては、そのほうが、利益は上がるでしょ。
2.3次まで引き受ける意義は、そこの病院に行けば
何とかしてもらえるという信用を得ることが出来るがけだもん。
地域の信用を得て、そのブランド力で、軽傷患者の外来で
利益をあげていこうとしていくんじゃない?
これからは、開業医より、比較的大きな病院の外来専門医の
ポストを争って取ろう。




566 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:39
時代が変わるとき、かつてはエリートと言われた階層だったんだ
 と将来語られる階層ってあるもんだ。
 歴史の皮肉だな。仕方のないことだ。
 ただし、エリート意識だけでは食ってはいけない。




567 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:39
なんか、まだまだ、コンサル全盛時代は続きそうだな。
これまで、普通のコンサルタントじゃ無しに、寄生虫をやってたが、これからは、開業のたびに、ふんだくるのが一番美味しいかもしれんな。
ジジイは口がうまそうだから、俺の兵隊にならねえか?




568 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:40
 そうだな。大病院の専門医への需要がなくなることはないからな。
 しかし、その競争は凄いだろうけど。




569 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:40
いいのかもね。ただ、僕は親は医者じゃないし、当直をして3万円もらったら
本当に大喜びして感謝しているよ。
 ただね、医療関係の情報ってすぐに新聞の1面に出るでしょ。例えば
医師国家試験に面接を導入するとかさ、そういう討議がなされたら
その翌日にでも1面に載っちゃうんだよね。でも面接なんて導入されなかったし
される予定もないんだよ。結局討議だけして討議したことを新聞に乗っけて
国民の不満をそらすって言うか、不安をなだめたりする効果を出しているんだよね。
そういう面もあるよ。




570 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:40
 受験時代のポテンシャルを保てるのなら、別に、医者辞めて
 他の職業で勝負してもいいのではないか?
 実際、世間は、そう甘くはないけど、ごうぞう氏のように
 強い自負心があるのなら、別の世界でも通用するところを
 見せてもらいたいね。
 俺には、そういう自信は全くないがね。
 


571 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:41
ごんぞうは素直だな。
オマエの親が医者だとは初めから思ってなかったぞ。
金持ちの匂いがしなかったからな。あ、これは皮肉じゃない。俺自身、貧乏人の子倅だからな。
多分、「国民の不満をそらす」ために、載せてるんじゃないと思う。
載せたのは、本当にそうしうようと考えたヤツがいるから。変わらなかったのは、変化を役人が嫌うからだ。
しかし、今回の医療制度改革は変えざるを得ない所まで来ているから、遅かれ早かれ、変わるだろう。
面接は金に関係しないが、医療制度がこのままでは、経済的に破綻するのは、間違いない。
世の中、金が無ければ、回らない。




572 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:41
 転職か・・・。それは難しいね。それは医師というのが純粋に職業
というだけじゃなくて職業兼階層だからだね。自分のいる階層を
チェンジするのはかなり難しいんじゃないの?
 サラリーマンの転職と同列に考えられては困るね。




573 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:42
受験戦争の中から、商売人は生まれ難いだろう。
ごんぞうと一緒で、「こんなに頑張ったから自分の権利を守って」という気持ちが生じる。
実際に、一旦、権利を手に入れられるんだからな。無理もない心因反応だ。人間、そんなに強くないからな。
商売の世界じゃ、「身を捨ててこそ、拾う神あれ」の世界だ。自分の身代を賭けにして、勝負に出なきゃいけない。
まあ、俺も、純粋な商売の世界に打って出る自信が無くて、参入障壁が高そうな医療で飯を食うことにしたんで、人のことを言う資格はないがな。




574 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:42
ごんぞう、オマエ、素直だが、ホント、頭、固いね。




575 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:42
 コンサルタントさんとジジイさん。
僕は自分自身の考え方の大枠を変えようとは思わないけど、
このスレでかなり勉強になったことだけはいっておきます。




576 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:42
いや、余計なお世話だが、おまえ、考え方を変えたほうが良いよ。
しかし、オマエ、患者さんにはモテそうだから、生き残れるかもな。
節は曲げるなよ。
なんか、好き放題言って、悪かったな。




577 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:43
病院勤めのみからすると、患者の大病院志向にも閉口される。
漏れも、新患はいいんだが、術後は診て院外処方きるだけなら、
1回150点にしかならんもんな。時間の無駄としか思えない。
2回もみれば、例外除いて、(特にDQNは)万難排して開業医に送っているよ。
そうでなければ、忙しすぎてやっていけん。
でも、逆に言えば、DQNでも引き受けてくれる開業の先生はありがたい。
あと、性鞠や諦凶、犀魂あたりの(よく言っても)下半分なんか、
脳みそだけでなく、社会性もないし、人格も崩壊してるよな。
こうした連中の開業は、成り立たん世の中になってほしいもんだ。
ジジイの言うとおり、開業医も淘汰されるとすれば、納得だ。




578 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:43
民営化された段階でコスト高のコメディカルは切る方向で考えるんだよ。
公的病院の常勤勤務医は管理職だからな。
今の時代あんなもん給料半分にしたって、いくらでもなり手がある部分もある。
実際別の施設で本当にやった事だからな。




579 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:43
勤務医マンセーではなくて切るべき部分は切るべきだね。
コメディカルの話にも及ばざるをえないよ。
縊死とは違って数が多い分感情的になる人数も多そうだけれど。




580 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:44
 俺の気持ち!この気持ーちー!
伝わるかこの思い!経済だけじゃないんだ!
麗しき職業価値秩序よ永遠に!




581 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:44
コンサルなんて元からいらないんだから・・・どういうつもりなんだろう?
ノミューラ証券のごとくゴミ商品でお人良し医者だまし続けるつもりなんだろうか?
お人好し医者は食えなくなる・苦しくなるのが前提じゃないの?
それともMRとかが詐称してるのか?



582 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:44
 俺は医局も変わらないといけない時期に来ていると思う。間違いなく、抱えている
医局員を勤務医としてさばくことは出来なくなる。そうした時、今の医局は余りに
無力過ぎる。
 病医院連携の元で、今後は開業医から一線の専門医まで、医局がある程度、
マネージメント出来るようにならないと、医局自体も生き残れない。
 コンサルタント不要論は、俺も賛成だが、こういう輩が出て来たのは、医局にいる
医者が、余りに世間知らずで、開業に関して、無知、無力だからだ。
 もし、開業地の選択から、医療機器の購入まで、医局が絡むようになってくれば
コンサルタントの入り込む余地はない筈だ。
 入局後に、市井の医者に関して学ぶこともなく、開業となれば、ご自由にどうぞ
というスタンスではいかんだろう。
 各医局は、関連病院の確保だけでなく、関連開業医の適正な配置まで目を配り、
トータルで、ジッツと考えるような発想の転換が必要だ。
 これからの、トップには、そういう新しい人物になって欲しいもんだ。
 


583 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:45

以前から言われてるようですが、いまこそ医療のレベルアップと
若返りを目指して「保険医定年制」を実施しよう。




584 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:45
>>243
若けりゃ、DQN新設私立医大卒でもいいわけ?
国立でて、マジメに働いてきた先生なら、
年はとっていても、ずっといいと思う。
簡単にできることは、認定医・専門医の資格がないやつに、
つまり、きちんとその科の研修をなってないやつに、
診療科を標榜させないことだな。
今は、例えばウロ一筋に20年やった先生でも、
内科で開業可能だ。
ここが諸悪の根源だと思うけどな。




585 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:45
DQN私立医大卒でも当直できない国立卒老人医師よりはずっとマシ。
労働力としての質が経年劣化を起こすのよ。




586 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:46
漏れが言いたかったのは、保険医のことだ。保険医は、勤務医も開業医も含まれるから、
しっかりとした診療ができる開業医なら、
年取っているだけで、その資格剥奪したら、社会的にも損失だ。
要は、酷使合格後、何にも勉強しない(英語もわからないので、できない)のに、
医者でまかりとおり、研修してもいない科の診療を標榜する奴が問題なのよ。
内科でも、外科でも、小児科でも、社会の人にソレをなのるなら、
相応の勉強と資格が必要なのはあたりまえだろう。




587 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:46
何度も言っているけど医者ってのは職業でもあるけど、階層
でもあるんだよ。だから一度医者と言う階層の仲間入りをすれば死ぬ
までその階層のもつオーラを身にまとうことができるんだよ。
 階層だからこそ自己責任でどの科を標榜してもいいんだよね。
一応医者と言う階層の人たちは常識をわきまえているからできない科を
標榜したりはしないっていう麗しき建前があるんだよ。
 みんな、医者を職業としか見ていないところに議論が薄っぺらくなっちゃう
原因があるんじゃないのかい。
 何度も言うけど、医者ってのは職業でもあるけど麗しき階層でもあるんだよ。




588 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:47
一応医者と言う階層の人たちは常識をわきまえているからできない科を
標榜したりはしない

冗談もほどほどにしろ。できもしない科を標榜する阿呆のおかげで、どれだけ迷惑していることか。
できる・できない、をDQNな本人が判断してどうする?
車の運転のような簡単なことだって、国家が、膨大な経費を使って免許証というかたちで判断している。
標榜科について、公的な資格が必要なのは当然だ。




589 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:47
ジジイは、俺に「教授になれ」と言いたいのか?

医局がマネージメント機能を持つなんて、絵空事だろう。
目医者の世界では、T歯科大のT田というのが、そういう機能を持っていそうだが、自分の金儲けはともかく、人の金儲けまでうまくコントロール出来てるようには思えない。
自分のすら、LASIKで当てるまでは失敗続きだったろう。まあ、最後に当てたのは、大したもんだがな。

マネージメントというのは、人間の能力でも、もっとも、何度の高い能力だ。
医者で研究が人より出来たという程度の人間にそれが出来るなんてことは有り得ないよな。




590 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:47
だから、あなたはやはり医者を職業としかみていないって
言っているんですよ。階層なの。かなりハイソな階層なの。
できもしない科を標榜しちゃう一部の医師を排除する為に、各科の免許
なんかつくったりしたら、医者と言う階層の麗しさが低減しちゃうでしょ。
そのほうがマイナスが大きいよ。




591 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:48
僕はどんなに犠牲を払ってでも階層ってのは守ってあげた方が
いいと思う。東大卒業して銀行に就職した人たちってのも一つの階層だよ。
麗しいものがどんどん破壊されていくこの時代。
 誰かこのごんぞうの後に続く者はいないのか!この時代を救う為の茨の道を!!




592 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:48
どう思う
http://www.yomiuri.co.jp/04/20011008ic01.htm




593 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:48
 そりゃいろいろあるでしょう。
「いい時代」がどんどん世知辛くなっていく。この流れをみんなで
止めようじゃないか。このごんぞうにまかせてくれよ!




594 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:48
お前みたいに護送船団方式で、ハイソな階層などど抜かす手合いがいるから、逆に医師のステータスが上がらないんだ。
漏れがいう、認定医や専門医の資格なんぞ、簡単だ。3日も勉強すれば、普通のアタマならお釣りが来る。
麗しさ、とやらに響くほど、大仰のことじゃない。
逆に、誰でも、何でも名乗れちゃうから、スーパースターが出現しにくくなるのよ。
それが、医者のステータスあげていくことになると思うんだがな。




595 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:49
ごんぞうの言ってる事、訳が分からんが、俺が認めてやるよ。
階層だろ?
麗しいじゃねえか。




596 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:49
うーん、筆が走ってしまっているか・・。
だから、競争者社会でしのぎを削るのは素晴らしいと思うし、僕も
医者として他の病院より自分の所に患者が集まるようなサービスを
提供できるように頑張っているつもりだけど、ただあぐらをかいて
いる人がほんの一部いる位の状況が維持できている方がいいんじゃないかね。
頑張ってはいるけどどこか大名商売みたいなそんな気分があったほうが
気分よく仕事ができるしね。




597 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:49
医者は今の日本では最上級の階層です。だから下級の階層の患者を診てやってるんです。因みに医学部に入れればどんなにバカでも大概の人間はこの階層に着くことが出来ます。




598 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:50
そのまで実もふたもない言い方をされたらちょっと僕の
ノリと違うね。
 事実として社会の中で階層はあるでしょどの階層に属するかは
一応受験やその他でだいたい青年期に決まっちゃうよね。
 実業の世界では階層とあまり関係のない部分もあるけど、まあたいていの
日本人は青年期にどの階層に属するかの通過儀礼を受けているんだよね。
 大企業のリストラがらみですごく時代が暗くなっているのはちゃんと
通過儀礼を通り抜けた上で身にまとう事ができた階層を剥奪されるから
だよね。階層ってのは人間の人格そのものとかなり近いところにあるんだからね。
だから、特に高学歴の大企業社員のリストラは行うべきじゃないと言う考えだよ僕は。
実際なんだかんだいって守っているでしょ。大事なことだよ。




599 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:50
本当にその通りですよね。大学入試で受験勉強が一番出来たのが医者になった人たちなのだから、最上級の階層にいて当然ですよね。受験勉強がどれだけ出来るかが一番重要なんですよね。




600 :名無しさん :2001/11/19(月) 19:50
大名商売するには医師の数は増えすぎてるよ。
やはり医学部入学定員の削減か国試での相対評価導入で入り口を減らさないと
ごんぞうのいう階層は守られない。




330KB
新着レスの表示

スレッドリストへ戻る 全部 前100 次100 最新50

0ch BBS 2004-10-30