■スレッドリストへ戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 最新50

(*゚ー゚)虐待虐殺AAのありかたについて議論するスレ2(・∀・ )

14 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/05/24 18:53 ID:CX6cnGWE

_r───────────────────────────────────
♪ Q.虐殺AAの中には面白いもの、優れた表現もあるし、虐殺系のAA職人さんは
     みな良識的だと思うのですが……
   A.あなたは荒らしの手口にだまされています。
     「しぃ」虐殺AAが、和やかに遊びたい人々からその機会を奪う
     「機会不平等」の源泉に他ならないという事実に目を向けてください。

      しー★氏がモナー板に姿を見せなくなった後も、荒らしの攻撃は止むことが
      ありませんでした。
      そのうちに荒らしの一部のAA作成技術やストーリー構成技術が向上し、
      「虐殺も立派な作品表現である」と見なす風潮が生まれました。
      こうして虐殺表現が半ば公式に認められると、一部の荒らしは「職人」として
      「自分達はむしろ荒らしを非難する」と公言するようになり、
      「虐殺職人もまた節度と自制心を持った良識的な表現者である」という見方が
      一般的となりました。

      しかし、よく考えてみてください。
      彼らの手掛けている表現は、人々が和やかに過ごしていた「場」を破壊するための
      兵器として創り出されたものであり、どんなに彼らが自制したところで、
      その「兵器」が幅を利かせている現在では、以前のような和やかさが
      保てるはずがありません。
      彼等は他者の犠牲を前提としながら自らの「良識」を誇示していますが、
      そんなに「良識」を見せたいのなら、まずは如何なる点でも他者の犠牲を
      前提としないこと、即ち「虐殺表現を描かないこと」こそが、
      理論上彼らに取り得る唯一の「良識」の見せ方であるはずです。

      それにもかかわらず、彼等がなおも虐殺表現を描き続けるのは、それが受け入れられる
      土壌があるからです。また、受け入れられるからこそ、彼等は安心して「良識」を
      前面に出し、「荒らし」に対する偽善的な非難を口にしているのです。

      しかし、そういう彼等がかつて「荒らし」ではなかった、彼等は最初から
      「場」を荒らさない良識人だった、などとどうして言えるのでしょう?
      匿名掲示板でどうやってそんなことが確信できるのでしょう?

465KB
新着レスの表示

スレッドリストへ戻る 全部 前100 次100 最新50

0ch BBS 2004-10-30